畔蛸には、何度か足を

運ばせてもらいましたが、

目の前に海が見える宿に

泊まったのはこの「和の屋」さんが

始めてでした。


鳥羽の料理を思い浮かべると

「伊勢海老の料理」だと思って

いました。しかし、カキや近海物の

魚を食べたとき「伊勢海老だけじゃ

ないんだ!」と感激しました。

すぐそこが海と言うこともあって

何て言っても食材が新鮮!

目の前に並ぶ料理に

圧倒されながらも、夢中で食べて

しまいました。

思う存分食べて大満足でした。

その後、ゆったりとお風呂に

浸かり旅の疲れも

一気に吹っ飛んでしまいました。

そしてもう1つ感激したのは、

畔蛸ビーチから見る夕日。

波の音を聞きながら紅い夕日を

長い間眺めてしまいました。


〜「和の屋」さんの旦那さん〜

そして、朝。爽やかな波の音と温かい日差しで目覚めた僕は、

しばらく至福な時間を堪能しました。厨房からはすでに

美味しそうなにおいが漂っています。昨晩、美味しい料理を

たくさん食べたのに、これまた美味しい朝食をたらふく頂きました。

帰りは鳥羽の美しい海岸を眺めながら、のんびり帰路につきました。

今回なによりも旦那さん・女将さんや鳥羽の方の
人情の厚さを実感した旅でした。